おえかきれもん

Just OEKAKI site.

メイク

初めてのカラコンの選び方、価格やサイズ、眼科の検査の内容は?

投稿日:

小学生の頃から視力が低く、ずっとメガネを使っていました。
高校生でコンタクトデビューして、メイクをするようになってからはカラーコンタクトレンズも使っています。
今日はカラーコンタクトの選び方や注意をまとめます。

どうしてカラーコンタクトをするの?

カラーコンタクト売り場

松山市ナカヌキヤのカラーコンタクト

カラーコンタクトはおしゃれの味方

目は顔の中でも特に印象が強くなるパーツです。
目もとのメイクが変わると別人かと思うほど顔の印象が変わります。

さらに目の色が変わるとメイクの幅が広がるのです!

想像してみてください。
派手なメイクをしても目の色が地味だとアンバランスですよね?

今の日本では色白メイクが主流です。
色白メイクは顔全体が明るい色になりますが、目が黒いと目元が暗く見えてしまいます。
これはポイントメイクではカバーできないところです。

カラーコンタクトを使えば、自分がしたいと思うメイクが似合う目にできます!

もちろん、コスプレなどで好きなキャラクターになりきりたいときにも超重要なポイントになります。

今回はカラーコンタクトを選ぶ時にチェックするポイント、目的別の選び方や価格の目安、初めてコンタクトを使う時の眼科での検査内容などを紹介します。

カラーコンタクトレンズの選び方

用途・目的で選ぶ

おしゃれ目的

なりたい自分やしたいメイクに合わせて選ぶ時は、色やパターン、虹彩の大きさなどの見た目が重要になりますよね。

通販では表示されている画像の色が実際のものと違っていることも多いので、できれば初めて使うメーカー、商品は店頭で実物を見るのがいいと思います。

視力矯正目的

視力矯正だけが目的であれば、カラーコンタクトではなくノーマルのコンタクトレンズを使うと良いでしょう。

ノーマルのコンタクトレンズは1箱に入っているレンズの数が多く、基本、常用する方のためのパッケージとなっています。
レンズ1枚あたりの価格もカラーコンタクトレンズよりかなり安いです。

カラーコンタクトレンズを選ぶ基準

カラーコンタクト

DIAやBC、PWRは外箱に記載されています。

色・パターン

同じ色でもパターン(色の塗り方)が変わると違って見えます。
透けている部分が多いパターンだと、目につけたときに色が違って見えることもあります。

直径(DIA)

レンズ本体の大きさのことで、DIAと表示されています。
装着感や見え方につながりますので、自分の目に合ったサイズのものを選びます。

眼球や瞳孔のサイズには個人差があります。
正確なサイズは眼科で調べてもらうことができます。

お店で販売されている一般的なコンタクトレンズの直径は14.2mm〜14.6mmです。

着色半径

カラーコンタクトで、レンズ本体の直径に対して色がついている部分の大きさを示しています。

レンズ全体に色がついているものもあれば、着色部分の周りに透明や白のふちがあるものもあります。

着色半径が自分の虹彩(黒目部分)より小さいものをつけると、着色部分から虹彩の色がはみ出してしまいます。
たとえば、グレーや淡いブラウンを入れたときに黒目が縁取りのように見えてしまうことがありますので、注意が必要です。

ワンポイント

着色部分が大きいと幼い顔に、小さいとシャープな印象になります。

デカ目効果を狙うなら着色半径の大きいものを選ぶと良いです。

もともと黒目が大きく、シャープな印象にしたい場合は、白いふちのあるレンズを使います。
白ふちのおかげで、もとの黒目が小さく見えます。

ベースカーブ(BC)

レンズの湾曲の具合を示します。
眼球は丸いので、眼球に合わせるためにレンズにはカーブがついています。

このカーブも個人差があり、日本で一般的に売られているものは8.6〜8.8ぐらいです。

カーブの角度が合わないと使用中にレンズがずれることもあります。
まぶたの裏に入ってなかなか取れなくなることも。

自分の目のベースカーブも、眼科で測ってもらえます。

都市伝説の真相

外し忘れたコンタクトレンズが眼球の裏側に溜まって…という都市伝説がありますが、実際はレンズが眼球の裏に入ることはありません。

コンタクトレンズメーカーのアキュビュー公式サイトによれば、眼球はまぶたの内側と接しているため異物が眼球の奥まで入ることはない、とのこと。

上記サイトではわかりやすい図とともにきちんと説明がされていますので、気になる方はこちらでチェックしてみてください。

アキュビュー公式サイト

1ヶ月か1DAYか

LILMOON

LIL MOONの外箱。使用上の注意が書かれています。

使用期間は、最初につけた日から、どれくらいの期間使用できるかの目安です。

レンズの状態によっては、捨てるのはもったいないと思えることもあるかもしれませんが、安全面を考えると「守らないといけない期間」です。

期限を超えて使用すると、角膜に傷がついたり、雑菌で炎症が起きたりとトラブルのもと!

最近目が痒く充血してるなあと眼科に行くと、目が大変な状態でしばらくコンタクトの使用禁止!となってしまった友人もいます。

最悪失明することもあるので、使用期限のほか、説明書に書いてあることは守りましょう。

度入りか度なしか

おしゃれと視力矯正の両方を目的とする場合は、度いりのカラーコンタクトを選びます。

矯正度数はPWRという数値で記載されています。

PWR数値は眼科やメガネ店で視力を測定してもらった際に教えてもらえますので、自分のPWRに合う度数のコンタクトレンズを選びましょう。

カラーコンタクトレンズの価格

商品の価格は、お店や通販サイトによって大きく違います。
私が実際に行けるお店で見たところでは、これくらいの価格で販売されていました。

  • 1ヶ月使用(1枚入)1,000円〜1,600円(税別)
  • 1DAY(10枚入)1,350円〜1,800円(税別)

両目に装着するので、1ヶ月使用のレンズは2倍のお値段になります。
度なしのレンズなら、1DAY(10枚)で5回使用できますね。

このほかに使用期間2WEEKSのレンズもありますが、お店で販売されているメインの商品は1DAYか1ヶ月でした。

コンタクトレンズ用品は必要?

1DAYのレンズを使う場合は、使い捨てなのでケア用品は不要です。

1ヶ月のレンズを使う場合、視力矯正用で常用している場合にはコンタクトレンズケア用品が必要です。

用意するもの

  • レンズケース
  • 洗浄保存液

洗浄保存液は様々なものが販売されていますが、最近は洗浄・殺菌と保存の両方に使えるものが多くあります。

水道水で洗ったり、水につけておいたりすることのないよう、長期使う場合には必ず専用のケア用品を準備しましょう。

コンタクトレンズを初めて使うとき

コンタクトレンズを使い始める時、いきなり店頭で購入しますか?
レンズ選びの基準のところでも出ましたが、自分の目に合うレンズを選ぶには、測定しないとわからないことがあります。

また、眼球に直接つけるものですから、目の健康を保つためにチェックしておくことがあります。

初めて使う時に眼科ですること

病院に行くのって緊張しませんか?
受診したときにどんなことをするのか知っておくと、ちょっと安心ですよね。
私がコンタクトレンズの装着を初めて眼科に相談したときに行った検査などを紹介します。

  1. 視力測定
  2. 虹彩(黒目)の大きさ測定
  3. ベースカーブ(BC)
  4. 病気・異常のチェック
  5. 装着練習
  6. 違和感チェック

1.視力測定

私の場合はもともと視力が弱く、メガネを常用していたので、矯正のために視力測定をしました。

2.虹彩の大きさ測定

虹彩(黒目)の大きさ(直径)を測定します。
この大きさがレンズの直径(DIA)や着色直径を選ぶ際の参考値になります。

3.ベースカーブ測定

眼球の丸み、湾曲具合を測定します。
レンズカーブ(BC)を選ぶ際の基準になります。

4.病気・異常のチェック

結膜炎、重症のドライアイ、過敏症、アレルギーなどコンタクトレンズの装着が難しい病気がないかを確認します。

また、角膜などに傷や異常がないかもチェックします。

5.装着練習、6.違和感チェック

診察で問題がなければコンタクトレンズの装着練習をしてもらえます。

目のサイズに合ったレンズを用意してもらい、看護師さんの指導のもとでレンズの着け方・外し方を教えてもらえます。

痛みや違和感が強かったり、すぐずれてしまうなど不具合があるときは、このときに相談するといいですよ。

楽しくコンタクトレンズを使うためにも、目の健康を保つためにも、信頼でき相談しやすいかかりつけ眼科をつくっておくといいと思います。

使用開始年齢に制限は?

友人の視能訓練士によれば、高校生くらいからを推奨するとのことですが、最近は小・中学生から装着する人もいます。
きちんと医師の指導のもとで使うのであれば年齢制限はないという意見もありますが、眼球に直接装着するため小学生の目には負担が大きいとも言われます。

おしゃれのためにカラーコンタクトを使うのであれば、高校生以上からが安心だと思います。

病院に行ったほうがいい時

コンタクトレンズを使い始めると、それまでなかった違和感があります。
以下のような症状が出たときは病院を受診したほうがいいです。

  • 目の痛み・かゆみ
  • 白目の充血
  • 黒目のにごり、眼球の傷
  • 痛くて入れられない
  • レンズが取れなくなった

乾燥や睡眠不足、目の疲れからコンタクトレンズが一時的に着け辛くなることはありますが、気になる時は早めに眼科を受診しましょう。
放っておくと失明するおそれもあります。

コンタクトレンズを頻繁に着けたり、視力矯正のために常用する場合は、定期的に眼科で目の汚れや角膜の状態をチェックしてもらうと安心です。

まとめ

カラーコンタクトレンズはおしゃれやメイクの幅を広げてくれるアイテムです。

選ぶ基準は自分の目の大きさや眼球のカーブを知ることが大切です。

適切なケアをすることで安心して使い続けることができます。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

-メイク

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

めがねでもコンタクトでも似合うおすすめアイシャドウパレットとアイラインの引き方

いつも縁ありめがねをかけている私ですが、最近カラコンを使いたくなりました。 めがねでもケバくならず、コンタクトでも目元がくっきりするアイメイクをしたい! どのアイテムをどう使えばいいのか、デパートの美 …

メイクの悩みを解決!お店のコスメカウンターで相談するコツ!

コスメの正しい使い方、メイクのテクニックの相談、どうしてますか? 私はお店で美容部員さんに聞いてます! 実際に相談してメイクの悩みを解決した方法をまとめました! 美容部員さんは怖くない! メイク初心者 …